前へ
次へ

バリアフリーリフォームは使い勝手を考える

新たに建てられる家はバリアフリーを考慮したタイプが多く、家じゅうの段差が少なくなっています。
かつての住宅は扉の部分に段差ができることが多く、もちろんその段差による利点もありました。
しかし段差があると高齢でなくても躓く原因になりやすく、それならと最初から段差が必要のない扉の設置などが主流になってきています。
これからリフォームをしようとする家には段差があり何とか解消したいと考えるときもあるでしょう。
バリアフリーリフォームをしてもらうときは建築関係の業者以外にバリアフリーのリフォームに強い専門家の意見を聞くと良いでしょう。
家の中の段差をなくすにしてもいくつかの方法があり、簡単なものだと段差部分に傾斜をつける部品を取り付けるだけのこともあります。
より本格的に行いたいときは床を上げて段差をなくすこともあります。
コストは傾斜をつける方が安くなりますが、床を上げれば完全にフラットになるので住みやすさを取るなら上げる方を選択した方が良いでしょう。

Page Top